子ども療育相談センター

子どもの療育相談について

発達に心配のあるお子さんや自閉症スペクトラムを中心とした発達障害のあるお子さんとご家族に対する相談と一人ひとりの必要性に応じた療育をおこない、継続的・包括的な支援をめざしています。

子ども療育相談センターは1976年の開設以来、自閉症スペクトラムの特徴のあるお子さんとご家族に対し、より専門性の高い心理・教育的支援の提供を行ってきました。また、地域における発達・生活支援の充実に向けて、関係機関との連携及び講師派遣も行ってきました。

これからも、それぞれのご家族が希望をもってお子さんを育て、安心して暮らしていけるよう専門性の向上に努力していきます。

子ども療育相談センターについて

子ども療育相談センターは、自閉症の子ども達に対する理解や対応について大きな混乱のあった約40年前の1976年に、佐々木正美先生を顧問として迎え、開設されました。発達に課題のある子どもたちへの専門的な療育や相談の取り組みも少なかった当時の状況の中で、実践的で効果が確認されることを基本とした専門的な療育を開始しました。

以来、その時々の社会的要請に応じて、家庭・保育園・学校等での自閉症や発達障害のある子ども達への新たな対応について方向性を明確にしていくこと、お子さんとご家族に継続的に療育・相談を提供することに尽力してきました。

これからも、それぞれのご家族が希望をもってお子さんを育て、安心して暮らしていけるように努力していきます。

あわせて、保育・教育・支援に携わる関係者の方々に対し、効果的な療育・支援情報の提供に向けた研修会や講師派遣などについても積極的に取り組んでいきます。

作品写真 切り絵
作品写真 切り絵

作品写真 絵手紙
作品写真 絵手紙

写真は二点とも当センターに来所している方の作品です。

明治安田こころの健康財団とはもっと詳しく

1965年の設立当初より、自閉症や知的障害の子どもたちの療育相談、子どもの抱える心理的な問題の相談、教育や福祉、医療に関わる専門家の育成、子どもの精神保健や福祉の分野への研究助成等の事業を行っています。