子ども療育相談センター

療育相談について

発達に心配のあるお子さん、自閉スペクトラム症を中心とした発達に障害のあるお子さんとそのご家族に対する相談、療育を行なっています。一人ひとりの必要性に応じ、継続的・包括的な支援を目指しています。

また、地域における発達支援の充実に向けて、保育園・幼稚園・学校・福祉機関との連携及び講師派遣などを行なっています。

これからも、それぞれのご家族が希望をもってお子さんを育て、安心して暮らしていけるよう専門性の向上に努力していきます。

子ども療育相談センターについて

子ども療育相談センターは、1976年に故佐々木正美先生(児童精神科医)を顧問として迎え、開設されました。当時はまだ自閉症の子どもたちに対する社会の理解や対応に混乱や誤解も多く、専門的な相談や療育はほとんど用意されていませんでした。そのような社会状況の中、お子さんに1対1で向き合い、実践的に行動を教えるよう取り組み始めたことから当センターの療育が始まりました。

以来、その時々の社会的要請に応じて、家庭・幼稚園・保育園・学校等での自閉症や発達障害のある子どもたちへの対応について方針を提案すること、お子さんとご家族に継続的に相談・療育を提供することに尽力しています。

あわせて、保育・教育・福祉的支援に携わる関係者の方々へ、自閉症や発達障害のあるお子さんについての情報や具体的支援方法の提供を目的に、研修会の実施や講師派遣などについても積極的に取り組んでいます。

作品写真 切り絵
作品写真 切り絵

作品写真 絵手紙
作品写真 絵手紙

写真は二点とも当センターに来所している方の作品です。

わかたけ通信

「わかたけ通信」は当センターがお子さんの発達を支援する方々に向けて発信している情報誌です。「わかたけ」は1979年に来所者向けに創刊された文集の名です。青々とした若竹が風雪に耐え立派に成長するように、子ども達の成長を願い名付けられました。2001年に発展的に終刊となりましたが、その思いは「わかたけ通信」に引き継がれました。子ども達の発達を支援している方々に少しでも貢献出来るよう情報を発信してまいります。

令和4年(2022年)

2022年8月23日
わかたけ通信 令和4年 夏号
2022年4月1日
わかたけ通信 令和4年 春号
2022年1月19日
わかたけ通信 令和4年 冬号

令和3年(2021年)

2021年11月12日
わかたけ通信 令和3年 秋号
2021年8月4日
わかたけ通信 令和3年 夏号
2021年4月13日
わかたけ通信 令和3年 春号

令和2年(2020年)

2020年12月25日
わかたけ通信 令和2年2号
2020年7月1日
わかたけ通信 令和2年1号

明治安田こころの健康財団とはもっと詳しく

1965年の設立当初より、自閉症や知的障害の子どもたちの療育相談、子どもの抱える心理的な問題の相談、教育や福祉、医療に関わる専門家の育成、子どもの精神保健や福祉の分野への研究助成等の事業を行っています。